住まいのお手入れをするにあたって、
いろいろな洗剤の種類があって悩んでしまうことはありませんか?

基本的には中性洗剤を使用してお手入れすることをおすすめします。
酸やアルカリの強い洗剤を使うと素材を痛めてしまうことがあるからです。

洗剤は液性によって分類されます。
それぞれの用途と使用方法を
お手入れする場所の材質や汚れ具合によって使い分けましょう。

shiosio_asdfaslikj_TP_V


「中性」
毎日のお手入れに一番よく使われている洗剤です。
基本的には中性洗剤を使うことをおすすめしています。
酸やアルカリではなく、界面活性剤の働きで汚れを落とします。
食器洗い洗剤やお風呂用洗剤などがあげられます。

「弱アルカリ性」
手あかなどの軽度の油汚れやヤニの汚れなど、
中性洗剤で落としきれない汚れに有効な洗剤です。
界面活性剤の働きを助けるためにアルカリ剤を配合しています。
風呂釜洗浄剤やガラスクリーナーなどがあげられます。
クリームクレンザーや粉末クレンザーもここに含まれますが、
こちらは汚れを分解するのではなく、研磨剤の粒子によって削り落とします。
クリームクレンザーは種類によって界面活性剤の含有量が違いますので
選ばれる際の参考にされたらよいと思います。

「アルカリ性」
しつこい油汚れやガンコな手あかなど分解して落とす強力な洗剤です。
塗装面では、塗装がはがれてしまったり、変色する恐れがありますので注意が必要です。
具体的には、油汚れ落とし洗剤や住宅用の洗剤があげられます。
また、浴室のカビ取りやキッチン用の漂白剤などもここに分類されます。
漂白材が入っているので、洗浄効果の他に除菌・消臭効果もあります。
どちらも使用の際にはゴム手袋を使用しましょう。
使用箇所のすすぎを念入りに行い、洗剤が残らないようにしましょう。
漂白剤が入っているものは、十分に換気を行います。

「弱酸性・酸性」
塩酸など散剤が主成分の強力な洗剤です。
尿石や水あか、鉄サビなどに効果的ですが、
使用箇所には注意が必要で、金属や人造大理石、タイル・目地材などを痛めます。
トイレ用洗剤などがあげられます。


「混ぜるな危険!」という表示には必ず従ってください。
塩素系漂白剤と酸性洗剤を混ぜると、化学反応をおこし、有毒な塩素ガスが発生します。
また、アルカリ性洗剤と酸性洗剤を併用すると中和作用で効果が減少してしまいます。





「クエン酸」「重曹」は環境にもやさしく、刺激が少ないので
使っておられる方も多いのではないでしょうか?
しかしながら、素材によっては適さないものがありますので、注意が必要です。

「クエン酸」
水垢、洗剤やせっけんカス、魚の生臭さに使いましょう。
大理石はつやがなくなったり、くもってしまうため使えません。

「重曹」
手あか、黒カビ、油汚れ、生ゴミ臭に使いましょう。
アルミ製品は表面が黒ずんでしまいますので使えません。
パウダー状のものは、ステンレス製品やつやのあるものに、
こすり傷がつく恐れがあるので気を付けてください。




<参考文献>
タカラスタンダード お手入れマニュアル
LIXIL 毎日やりたい水まわりのお手入れ









住宅相談 おうちの窓口は 営業時間 10時~18時
住宅相談  定休日は 毎週✳︎火曜日*水曜日*第1・第4日曜日

住所 富山県高岡市戸出町2丁目4ー13 TMTビル1階

電話 0766 53 5122
メール mail: info@ietomo.info
HP http://ietomo.info
↓↓スマホからはこちら↓↓

0766535122

名称未設定-2