プラン画

家づくりの要望を設計者に詳しく説明しそのうえで土地の法的条件や

敷地形状を考慮した平面・立面・断面図を作成してもらいます

基本設計とは、お客様の「こんなものが欲しいんだよね~」

に対して、「それじゃあ、こんなおうちを作りましょう~」

と言うような全体像や概要をざっくりと考えて提示する工程になります

ここで、みなさんの思いを間取りプランとして設計者に2~3案を描いてもらいましょう

また、ご自身で思いがある場合はお客様から間取りプランを

簡単なラフスケッチで提案してみるのもよいでしょう 

そのとき、今までイメージ図や・写真などスクラップしてきたものを

どんどん設計者に思いをぶつけていいのです。

思いっきり想いをぶつけて間取りプランを描いてもらうのです

ここが一番楽しいかもしれませんね

ご自身で間取りを考える際には3つのポイントがあります 

ポイント1
皆が集まる場所から考えるといいでしょう 

居間・食堂・キッチン・浴室・玄関、、、、、と言った皆が使う場所から考えると

暮らしている自分をイメージしやすくなります 

ポイント2 
次に角度を変えて敷地から見た敷地を含めてゾーニングをしていくのです

●その場所が外部の道や、庭、お隣さんのお宅などがどのように向き合うのか?

●個室や玄関などとどうつながっていくのか?、

●水回りのお風呂やキッチンがどのような導線になるのか?

などの我が家の流れを踏まえて、敷地全体から考えていくのです

あくまでも、【我が家の暮らしの流れ】が主としてです

ポイント3
つい配置を平面で考えがちだけど、2階建ての場合、縦割りで考えてみるのもおすすめです

断面図で考えてみましょう 立体的にとらえてみると見えてくるものがあります



設計者に伝える前に自分が設計士になったつもりで考えていくのもいいですよね

自分の思いを設計者さんに伝えやすくするために間取りを考えたりするのはGOODです

細かなところや、自分ではわからない所は設計者に後々聞くとしてまずは自分で間取りを考えてみましょう 

この考えた間取りを設計者に見てもらってこのほか設計者からのプラン提案を含めて プラン決めを進めていきます

何度か打ち合わせを重ねたうえで大体のプランが決まってくると思います 

提示された図面が要望を反映しているかを施主になるあなたが、チェックします

この時概算見積もりも出しますことが多いので、予算内に収まるか?も確認します 

プランと予算の両方を調整しながら何案も図面を検討する事もあるのでなかなかのエネルギーが要ります

見落としや妥協のしすぎで後悔しないようにじっくりと落ち着いて考えることが大切になります

image

この作業が終わると、実施設計に入っていくのですが 同時に概算見積もりが出ているので資金の用意についても動き始めていくことも合わせておすすめします

では、次回は実施設計についてお話しします

お得な情報ご提供!
LINE@ご登録を!

パソコンからはこちら↓
nagai_mini
 

スマホからはこちら↓
友だち追加数


住宅相談 おうちの窓口は

営業時間 10時~19時
(最終受付18時30分)

定休日 住宅相談
毎週✳︎火曜日*水曜日*日曜日


住所 富山県高岡市戸出町2丁目4ー13 TMTビル1階

電話 0766 53 5122
メール info@ietomo.info
HP http://ietomo.info
↓↓スマホからはこちら↓↓

0766535122

名称未設定-2